SEEDS OF VIRTUE

​シーズ オブ バーチュ

国産枝豆をおいしく食べるために覚えておきたい!保存方法

最新情報 > コラム一覧 > 国産枝豆をおいしく食べるために覚えておきたい!保存方法

豆というと長期保存できるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、枝豆は違います。他の野菜やお魚と同じように収穫した瞬間からどんどん鮮度が落ちて、味も変わってしまいます。そのため、枝豆のおいしさを保つためには保存の仕方に工夫が必要です。こちらでは、生の場合とゆでた後の保存方法についてご紹介します。

生の枝豆の保存方法

生の枝豆は鮮度が命です。常温で置いておくと風味がどんどん落ちてしまうため、手に入れたらなるべく早く食べてしまうのが一番です。
それが難しい場合は、生のまま冷凍する保存方法があります。枝付きの場合は枝からサヤを外して袋に入れて冷凍すればOKです。この時、鮮度保持専用袋を使用すると枝豆の水分や香りを封じ込めておくことができます。食べる時には必要な分だけ取り出し、一晩かけて自然解凍、もしくは袋ごと流水にさらして解凍した後、ゆでてからお召し上がりください。
冷凍庫に空きがなく、やむを得ず冷蔵庫で保管する場合も、袋に入れておくか濡れた新聞紙でくるんでおくことが望ましいです。ただし、冷蔵庫は長期保存には向かず、長くても3日程度が限度です。鮮度保持専用袋に入れて冷蔵庫で保管した場合は、4日程度、風味を保たせることができます。

ゆでた枝豆の保存の方法

枝豆をすぐにゆでられる場合や、ゆでてしまったものの食べきれない場合にも、冷凍がおすすめです。事前にゆでておくことで、食べる際の手間を省くことができるのがメリットです。ゆでた後、しっかり水気を切ってから袋に入れて冷凍してください。ゆでてから冷凍保存した枝豆は、鮮度や味を長く保つことができ、長期保存が可能です。

SEEDS OF VIRTUEでは、幻の大豆と呼ばれる「曙大豆」で育てた国産枝豆の全国通販を行っています。生産量も収穫時期も限られている非常に珍しい曙大豆は、他の大豆に比べて粒が大きく、味が濃いのが特徴です。その曙大豆で育てた国産枝豆を、鮮度を保ったまま皆様の元へお届けできるように、通販で予約制にしました。商品の予約受け付け時期は8月~9月、発送は10月のみとなっています。来年の予約をしたいというリピーターも多くいらっしゃいますので、味わってみたい方は通販状況をぜひチェックしてください。

曙大豆で育てた国産枝豆を通販でお届け!

会社名

SEEDS OF VIRTUE

住所

〒145-0062 東京都大田区北千束1丁目42-15

営業時間

月-金:9am - 6pm / 土曜・日曜定休日

TEL

080-5054-9423(塚田)

メール

URL