ロゴ.png

SEEDS OF VIRTUE

​百花蜜の味とは・・

「百花蜜」って聞いたことがありますか?

百の花の蜜。つまりたくさんの花の蜜、という意味です。

れんげのハチミツとか、アカシアのハチミツとか、特定の花の蜜ではなく、いろいろな花や樹木から集められた蜜です。

人工的には決して作ることができない蜜で、日本みつばちだけが作ることができる蜜です。

というのも、日本みつばちは、西洋みつばちと違って、特定の花から蜜を集めることをしません。

彼らは自然に咲く花や、樹木から、蜜を集めてくるのです。

ですから、百花蜜は、その地域に咲くさまざまな花や樹木の蜜がブレンドされた、その土地特有の味がします。

曙大豆の枝豆と同じ、その風土が生み出す特有の味です。

共通しているのは、自然が作り出す身体が喜ぶ味だ、という点です。

なんとも言えない深みと、​滋味あふれる自然の甘さ。

​とっても贅沢な味わいです。

味だけではありません。

そもそもハチミツは万能薬と言われるほど、様々な効能があります。

甘いからといってカロリーが高いわけでもなく、砂糖と違って血糖値を上昇させることもありません。殺菌力が強く、ヨーロッパではなんと歯磨きに使ったりするそうです。

風邪予防、整腸作用 etc.. あげたらキリがありません。

​まさに自然の恵みです。

みつばちが絶滅の危機に??

ところが、この美味しくて栄養豊富なハチミツを作ってくれるみつばちが、今、全世界で絶滅の危機にあるといわれています。

もちろん西洋みつばちだけでなく、日本みつばちもです。

原因は特定できていませんが、気候変動・病原菌・免疫機能不全・農薬や殺虫剤・遺伝子組み換え農作物の影響だと考えられています。

みつばちがいなければ、植物の受粉ができなくなり、多くの植物は生きていけなくなります。

植物がなくなってしまうと、動物も生きていけなくなります。当然、人間もです。

みつばちは環境破壊のバロメーター。

​みつばちを保護することはすなわち、自然環境を維持することにつながるということを、我々も一昨年、初めて知りました。​

​みつばちの保護活動とは・・

そんなわけで、当店(シーズオブバーチュ)では一昨年から、新しいプロジェクトとして、日本みつばちの保護活動も始めることしました。

保護活動といっても積極的に保護をするわけではありません。

大事なことは「意識をそこに向ける」ことです。

山梨県南巨摩郡身延町の曙地区は、山間の小さな集落です。

東京都心から車でわずか3時間ほどのところですが、人の手がまったく入っていない、ただの山間の集落です。

人よりもイノシシや猿やシカなどの野生動物のほうが多く、コロナなんてどこ吹く風。

すっかり時代から取り残されて、まるで時が止まっているかのような地域です。

環境破壊により、世界中でみつばちが絶滅の危機に瀕しているとしても、この地域ならまだ大丈夫。

日本みつばちは西洋みつばちと違って、人口的に養蜂することはできません。

 

我々にできることは、日本みつばちにとって住み心地の良い巣を用意してあげて、

蜜を集めやすい、すなわち受粉しやすい自然環境を整えておいてあげることです。

畑に農薬を撒かない、木をむやみに伐採しない、そして持続可能な世界のために、

自然環境を維持することの大切さを、一人でも多くの方に知っていただくことです。

20211021_070953.jpg

やまなし曙村日本みつばち​サポーター募集

​小さな一歩ですが、もし、我々のこの新しいプロジェクトに賛同して頂けるようでしたら、

「やまなし曙村日本みつばちサポーター」としてご支援&ご参加いただけませんか

スライド用曙地区.jpg
山梨県の南アルプス山系の最南端に位置する富士見山。その麓にひっそりと佇む曙地区には、手つかずの自然が残されています。

​サポーターって具体的に何をするの?

サポーターの方には会員証を発行します。

毎月活動報告や関連情報をメールでお送りしますので、サポーターとして、この活動に支援していただいていることを、ぜひ周りの方に広めてください。​

発信は苦手・・という方は我々の活動を見守っていただくだけでも大丈夫です。

また、可能でしたら、曙地区まで足を運んで、採蜜や巣箱づくりを体験してみてください。

今年はできるだけ自然に触れあっていただけるような体験プログラムを企画する予定です。

小さなお子さんがいらっしゃる方には特におすすめです。​

曙地区に来ることはできなくても、ご自身の地元で、日本みつばちの養蜂をしてみたい!

という方には、巣箱の作り方や設置の仕方などをアドバイスさせていただきます。​

サポーターの会費は、1口10,000円/年(税込)です。


サポーター特典として、、

 貴重な日本みつばちのハチミツ500gをご指定のご住所にお送りします。(送料無料)

 採蜜は、2022年6月~10月の予定です。

 また、新企画・新商品発売の際に優先的にご案内いたします。

SDGsへの関わり方は様々ですが、もしあなたが「自分にもできることがあればやってみたい」

と思っていたら、ぜひこの活動にサポーターとしてご参加ください!

お申込み締切:2月23日(水)20:00まで

​第1期サポータ様からの声

20211211_132400.jpg

・今回は巣箱を作った事で、春にミツバチが来るのかな?とワクワクしながら次回伺うのも楽しみです♪
たくさん、ミツバチくると良いですね!!

​・ミツバチも本当に数が減って問題になっているので、
どんどん増えていったらいいですね。
今は子供達も学校で環境問題など学ぶ事も多いのですが、授業で聞いているだけだと、実感も湧かないし、実際色々な経験が楽しみながらできたのでとてもよかったです。

Screenshot_2_edited.jpg

​・今まで食べたことない素晴らしい味です。

主人も、美味しい!と言っていただいております。

​・おっしゃる通り、フルーティです美味しいです。

しかも濃厚ながら、後味スッキリです。

日本みつばちちゃん、一生懸命働いてくれてありがとう。

この蜂蜜で、元気に夏を乗り切ります。

​・いままで食べたことのない味わいで家族みんなで楽しんでおります。

初めて発酵しているはちみつを食べました。

子供が日本ミツバチのことを知る良い機会になると思います。

お申込み締切:2月23日(水)20:00まで
スライド1.JPG

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省HPより)

©2020 by 株式会社SEEDS OF VIRTUE